HomeTech・不動産Tech・民泊

インターネットの普及に伴い、不動産・Home×技術(Technology)HomeTech・不動産Techに関わるビジネスが急速に増加しています。


HomeTech・不動産Techビジネスは、不動産情報提供サービス・SNS、貸主・売主と借主・買主のマッチングサービス、不動産価値鑑定サービス、民泊関連サービス、物件管理支援サービス、スマートロック、スマートスピーカー等AI・IoTを使用したデバイス、不動産投資に関するサービス、クラウドファンディング関連サービス等多岐に渡りますが、我が国では宅地建物取引業法等において広範に業規制が敷かれているため、特にビジネスモデルの適法性リサーチを詳細に行う必要がある分野です。


GVAでは、上記法的問題をはじめとするHomeTech・不動産Techビジネスに関する法務問題の解決にこれまで携わってきました。これらの経験をいかし、ビジネスモデルの適法性リサーチやアドバイス、AI・IoT法務対応、ユーザークレーム対応など、HomeTech・不動産Techビジネスに関連する総合的なサポートを行うことができます。

この業務を取り扱う弁護士

サービス内容

HomeTech・不動産Tech・民泊の法務情報

GVAのベンチャー法務一覧へ戻る