MENU

VENTURE GVAのベンチャー法務

各種業規制対応をふまえた個人情報保護対応

Healthtech事業においては、少なからず個人情報を取り扱います。特に、B-to-C、C-to-Cビジネスではユーザーの個人情報を大量に取得し、さらには、ビッグデータビジネスなど、収集した情報自体を商品とするビジネスも増えています。


しかし、個人情報の取扱いについては、個人情報保護法による規制があるのはもちろんのこと、それ以上に、一つ間違えれば、インターネット上で企業に対する批判が集中するいわゆる「炎上」により、サービスや事業そのものの廃止にまで追い込まれるというケースもあります。このようなリスクを防止するためには、個人情報の取扱いに対するユーザーからの視線に十分に配慮することが非常に重要です。


GVAでは、個人情報保護法による規制を前提として、サービス内容や取得する個人情報の内容、種類から、クライアントのビジネスを活かしつつ、ユーザー炎上リスクを防止するような個人情報の取扱スキームの策定をアドバイスできる体制が整っています。また、収集した個人情報の管理体制や提供方法等に関するアドバイスなどにより、個人情報に関する運用上のサポートも行います。

顧問契約をご検討の会社様へ

この業務を取り扱う弁護士

HealthTechの法務情報

GVAのベンチャー法務一覧へ戻る

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

お電話でのご相談はこちら。

03-6712-7525 受付時間 平日10:00-18:00

GVAのメールマガジン

ベンチャー業界の最新法律や動向を多様な弁護士の視点で解説。

メルマガ会員登録(無料)

JP