MENU

VENTURE GVAのベンチャー法務

仮想通貨ビジネスについての各種業規制に関する意見書(ICO等)作成

仮想通貨ビジネスを開始するにあたっては、銀行法・金商法・資金決済法・出資法等の法律に抵触していないかについて、必ずサービス開発する前に確認しておくことが重要です。仮想通貨関連ビジネスの場合、行政庁等外部との適法性に関するやりとりが多くなるという特徴を有するため、弁護士の意見書が必要な場面が相対的に多くなります。


GVAでは、これまで仮想通貨関連ビジネスを運営する企業の依頼を多数受けてきたため、数多くの新規事業のビジネスモデルの適法性に関するノウハウを有しております。このようなノウハウを活かし、ビジネスモデルのポイントとマネタイズの仕組みを理解した上で、適法性判断をスピーディーに提供することができます。また、適法性の調査・アドバイスにとどまらず、新規事業が違法と判断されてしまうことのないよう、最適なビジネスプランを提案しており、このような提案法務に強いノウハウを有することがGVAの特徴です。

顧問契約をご検討の会社様へ

この業務を取り扱う主な弁護士

GVAのベンチャー法務一覧へ戻る

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

GVAのメールマガジン

ベンチャー業界の最新法律や動向を多様な弁護士の視点で解説。

メルマガ会員登録(無料)

JP