MENU

VENTURE GVAのベンチャー・スタートアップ法務

AIに関する法務対応

近年、ディープラーニングをはじめとする機械学習についての研究開発が進み、AIに対する関心はさらに高まるとともにAIに関わるビジネスは各分野で急速に増加しています。


AI分野の急速な発展に伴い、AIが学習済モデルによって自ら判断した結果に対する法的な責任の所在や、AIが自動的に生成した著作物等についての知的財産権の帰属主体、学習済みモデル及び学習用データに関連する知的財産権の処理方法など、定説が定まっていない法的な問題が複数存在するため、AIに関連するサービスを提供する場合には、これらのリスクを回避するため慎重な検討が必要となります。


GVAでは、上記法的問題をはじめとするAIに関する法務問題の解決にこれまで携わってきました。これらの経験をいかし、AIに関する製造物責任法に関するアドバイス、データの取扱方法の策定及び知的財産権に関する処理方法についてのアドバイスなど、AIに関連する総合的なサポートを行うことができます。

顧問契約をご検討の会社様へ

この業務を取り扱う主な弁護士

FinTechの法務情報

GVAのベンチャー・スタートアップ法務一覧へ戻る

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー・スタートアップ企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

GVAのメールマガジン

ベンチャー業界の最新法律や動向を多様な弁護士の視点で解説。

メルマガ会員登録(無料)

JP