MENU

VENTURE GVAのベンチャー・スタートアップ法務

Fintechビジネスに関する適法性(銀行法・金商法・資金決済法・出資法)リサーチ

Fintechビジネスを開始するにあたっては、銀行法・金商法・資金決済法・出資法等の法律に抵触していないかについて、サービス開発の前に確認しておくことが重要です。ベンチャー企業や新規事業としてのFintechビジネスは、テクノロジーを用いた革新的なサービスが多いため、既存事業と利害が一致せず既存事業を保護する法律に抵触する可能性があったり、法律が未発達なため適法とは言い切れなかったりする場面が多いです。もっとも、サービス開発に専念してしまい、ビジネスモデル自体の適法性に意識が回らない企業は少なからず見受けられます。そのような場合、サービスリリース後にユーザーから法的な指摘を受けたり、行政から指導を受け、サービスの一時停止等の対応を余儀なくされることにより、結果としてビジネスのスピードが著しく阻害され、社会的な信用の低下も招くおそれがあります。

GVAでは、ビジネスが軌道にのり取引規模が拡大した後はもちろん、サービス開発前やローンチからまもない時期においても適法性リサーチを強くおすすめしています。なぜなら、ビジネスが拡大した後では、ユーザー、取引先やVCなど、利害関係者が多数存在するため、ビジネスモデルが適法でない可能性があった場合にサービス内容を変更することが困難となってしまったり、変更できる範囲が制限されるからです。開発中や開発直後に、しっかりと法務戦略を練り適法な範囲で事業を行うことによって結果としてコストを抑えて事業を展開することが可能となります。


また、GVAは、ビジネスモデルの適法性リサーチを行うにあたって、ビジネスモデルのポイントとマネタイズの仕組みを深く理解するために慎重なヒアリングを行います。日本には8000を超える法令が存在するため、企業が法令を確認すると、ビジネスモデルに関連する法律がどれか、どの範囲で弁護士に相談するべきかについてすら判断がつかない場合も多いことから、GVAにおいてクライアントのビジネスを深く理解することによって、リサーチ範囲やリサーチ事項に優先度を付けて要所をおさえたスピーディーなリサーチを提供します。


GVA
は、これまでFintech企業の依頼を多数受けてきたため、数多くの新規事業のビジネスモデルの適法性に関するノウハウを有しており、適法性リサーチの結果やそれに基づく法的なアドバイスをスピーディーに提供することが可能となっております。また、ご要望があれば適法性のリサーチ・アドバイスにとどまらず、行政庁との意見交換、グレーゾーン解消制度の活用等により、より経営判断につながる法務サービスを提供させていただきます。

 

顧問契約をご検討の会社様へ

この業務を取り扱う主な弁護士

FinTechの法務情報

GVAのベンチャー・スタートアップ法務一覧へ戻る

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー・スタートアップ企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

GVAのメールマガジン

ベンチャー業界の最新法律や動向を多様な弁護士の視点で解説。

メルマガ会員登録(無料)

JP