MENU

VENTURE GVAのベンチャー・スタートアップ法務

学習用データ・学習済みモデル等に関する知財戦略・交渉

AIビジネスは新しい分野のビジネスであるがゆえに、法整備が未だ完全とはいえない部分が多く残っています。中でも学習前データ・学習済モデルについて著作権等の知的財産権がどの主体に帰属するのかについては、判例等による判断が未だされておらず、議論が活発な分野です。GVAでは多くのAIビジネスの法務に携わった経験から、学習前データ・学習済モデルについて著作権等の知的財産権に関する戦略・交渉を行う体制を整えています。

顧問契約をご検討の会社様へ

この業務を取り扱う主な弁護士

AI・ビックデータの法務情報

GVAのベンチャー・スタートアップ法務一覧へ戻る

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー・スタートアップ企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

GVAのメールマガジン

ベンチャー業界の最新法律や動向を多様な弁護士の視点で解説。

メルマガ会員登録(無料)

JP