IPO

未上場企業がより成長していくため、IPOは一つの重要な選択となります。しかし、当然のことながら、ほとんどの未上場企業にとって、IPOは初めての経験です。


そのため、IPOコンサルや主幹事証券会社等から指示に従う形で、対応を行うことになりますが、はじめての経験であるため、準備が後手にまわり、本業である事業に悪影響を及ぼすことも見受けられます。

また、IPO審査では、申請会社が上場企業として適格性、継続性等を有するか審査されるところ、IPO直前で、クリティカルな課題が発見された場合、予定通りIPOできないことも十分にあります。そのため、事前に自社の課題を把握し、適切な対応を行うことは大変重要です。


さらに、無事IPOできたとしても、規程やガバナンス体制が、その後の事業拡大に適しておらず、描いていた事業計画を変更せざるを得ない事態も生じ得ます。


GVAでは、法律の専門家という視点だけでなく、IPO後の継続的な事業拡大も見据え、IPOデューデリジェンスを行い、企業の改善点を洗い出した上で、その改善策をご提案致します。

この業務を取り扱う弁護士

GVAのベンチャー法務一覧へ戻る