上場企業法務

GVA法律事務所では、上場企業の顧問先のサポート実績もあり、会社法、金融商品取引法、証券取引所規則などに基づき必要とされる、上場企業の法務サポートのノウハウを有しております。上場企業の法務においては、とりわけ重要情報の開示対応の不足や危機管理対応の不備、インサイダー取引など、対応しなければならない法律が増え、これらの法律に違反することによって企業の社会的信用が失墜するリスクも大きいため、法律の専門家である外部弁護士のサポートを導入することをお勧めしています。
また、ビジネス関係に関する法務課題についても、ビジネスを広く展開する上場企業においては、ビジネス法務に関する広い知見と正確な書面作成能力がより強く要求され、プロジェクト単位の作業を行うため、組織化された法律事務所による効率的な対応も必要とされます。
GVAでは、上場企業における法務経験を有する弁護士も多数在籍しており、法律的観点からのアドバイスは勿論、現場レベルにおける業務フローの改善をコンサルティングするなど、実務を踏まえたアドバイスの実績があります。

 

また、企業がIPOを見据える場合、上場の準備段階で上場企業に求められる法務体制の構築が必要となりますが、上場はゴールではなく、上場後には、構築された法務体制を運用・改善しつつ、重要情報の開示対応など新たに必要となる法務対応も求められることになります。そして、構築された法務体制をどのように運用すればよいのか、運用できているのか、どのように改善できるかという課題は、多くのIPOを見据えた企業や上場直後の企業にとって重要な法務課題となります。
GVAでは、企業内の法務担当者とコミュニケーションを積極的にとることで、企業内部の法務リテラシーの強化、オペレーションの効率化の推進など、上場後も継続して、企業の内部に踏み込んだサポートを行うことができます。

 

この業務を取り扱う弁護士

サービス内容

上場企業の法務情報

GVAのベンチャー法務一覧へ戻る