MENU

VENTURE GVAのベンチャー・スタートアップ法務

特許・商標・著作権

特許、著作権、商標などの知的財産権を戦略的に活用化して事業を進めていくことは、サービスや製品を競合の模倣から守り、ブランド力を向上させ、安心して事業に専念することができます。自らの新規事業・サービスが本来特許権を出願していれば、ライセンス化展開あるいは競合サービスの排除を行うことができたはずなのにといった例は多く見受けられます。


また、事業展開するにあたっては、自社のサービスが、第三者の知的財産権を侵害していないかにも注意する必要があり、気付かずに他社の知的財産権を侵害している可能性もあり、事業が軌道に乗ってきた矢先に権利侵害でサービスの差止や損害賠償の請求を余儀なくされるといった例もございます。そのため、スタートアップの段階から、しっかりと自社の知的財産権に関する戦略を練った上で、事業を開始することが今後の自社の事業最大化の観点から有用です。


GVAでは、起業家が自社のサービスに専念できるように、事業・サービスの知的財産権を最大化すべく適確なサポートを提供しています。知的財産権を取得するかどうか、獲得した知的財産権をどのようにビジネスで活用するか、第三者からの模倣や知的財産に関する紛争をどのように予防するか等、多岐にわたった検討の上、最適な戦略を提案しております。

顧問契約をご検討の会社様へ

この業務を取り扱う主な弁護士

スタートアップ・ベンチャー(アーリーステージ)の法務情報

GVAのベンチャー・スタートアップ法務一覧へ戻る

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー・スタートアップ企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

GVAのメールマガジン

ベンチャー業界の最新法律や動向を多様な弁護士の視点で解説。

メルマガ会員登録(無料)

JP