MENU

VENTURE GVAのベンチャー・スタートアップ法務

データ・プライバシー・個人情報関連DD

従業員や取引先と秘密保持契約(NDA)を締結してデータや個人情報を取得する、プライバシーポリシーを作成してサービス利用者からログ情報、位置情報、Cookieや個人情報を取得するという機会は非常に多くなっています。

 

取引開始前にNDAを締結する、サービスリリース前にプライバシーポリシーを作成する、という取り扱いは今では常識的に行われるようになっています。なかには、自社雛形を整備している事業者の方も多いかと思います。

 

しかし、そこまではできていても、実際に情報を取得・利用する場面になったときに具体的に何をしていいかわからない、取得した情報を別のサービスのために利用していいかどうかの判断がつかない、情報の取り扱いがデータ・個人情報を取り扱う社員全員に浸透していない、という運用面での課題をかかえている事業者も多いのではないでしょうか。

 

NDAを締結することやプライバシーポリシーを作成することはもちろん重要ですが、取得した情報について適切な管理、活用ができなければ個人情報保護法違反や情報漏洩等のトラブルにつながってしまいます。

 

そのようなトラブルを避けるため、M&AやIPO前に行うデューデリジェンス(DD)、法務監査のような形で、締結済みのNDAや契約書、作成済みのプライバシーポリシーを包括的にチェックし、データの取り扱いや個人情報の取り扱いに関するリスクの洗い出しを行います。
新規サービスに何が必要か整理したい、投資家や重要クライアントに社内の取り組みを示したい、社内管理体制の見直しを図りたいといったご要望にも対応できるよう、洗い出しの結果については、法律事務所名義でのカウンセリングレポートを提出致します。

 

 

<活用場面>

  • 新規サービスのリリースを検討しているが、当該サービスの情報・データの取り扱いについて相談したい
  • 新規の取引先や投資家にリスクの説明をする際に、提示できるようなレポートが欲しい
  • 会社全体の管理体制を見直すための指針が欲しい
  • 改正個人情報保護法への対応ができているか確認したい

 

DDを踏まえて、個別の対応が必要な場合のサポートや、社内管理体制構築に向けたアドバイス、コンサルティングのご相談も承ります(【データ・プライバシー・個人情報コンサルティング】)。

 

 

顧問契約をご検討の会社様へ

この業務を取り扱う主な弁護士

AI・ビックデータの法務情報

GVAのベンチャー・スタートアップ法務一覧へ戻る

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー・スタートアップ企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

GVAのメールマガジン

ベンチャー業界の最新法律や動向を多様な弁護士の視点で解説。

メルマガ会員登録(無料)

JP