MENU

VENTURE GVAのベンチャー・スタートアップ法務

知財戦略・交渉

知的財産権の権利者は、権利内容(特許であれば技術の実施、商標であれば商標の使用)を独占することができます。そこで、保有する知的財産権の独占権を利用して他者との契約交渉を優位に進めたり、他者からの権利行使に対抗したりすることは、有効な知財利用の一態様といえます。

 

スタートアップのベンチャー企業にとって自社の知的財産権の重要性は相対的に高く、どのようなポリシーのもとで知的財産権を利用・活用するかは非常に重要な企業戦略といえます。活用といってもその態様には、単純ライセンス、売買にとどまらず、クロスライセンス、質権設定など様々であり、その具体的内容も個々の取引ごとに全く異なります。


GVAは、クライアントの知財ポリシー(ライセンスしてもいい権利は何か、ライセンス料率は何%とするか、など)の構築から関与し、ポリシーに沿った権利の活用を支援する体制を整えています。

顧問契約をご検討の会社様へ

この業務を取り扱う主な弁護士

GVAのベンチャー・スタートアップ法務一覧へ戻る

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー・スタートアップ企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

GVAのメールマガジン

ベンチャー業界の最新法律や動向を多様な弁護士の視点で解説。

メルマガ会員登録(無料)

JP