MENU

VENTURE GVAのベンチャー・スタートアップ法務

暗号資産関連ビジネスのスキーム検討

一口に「暗号資産(※)関連ビジネス」と言っても、その性質には様々なものがあり類型によって法規制が変わってきます。

 

また、暗号資産関連ビジネスでは、2020年頃からNFT(Non-Fungible Token、代替不可能なトークン)やDeFi(decentralized finance、分散型金融)が注目を浴びるなど、新たな類型のビジネスモデルを理解した上での法規制への対応が必須となります。

 

ベンチャー企業がおかれている状況に応じてケースバイケースの手法をとるため、法的な検討事項は多岐にわたります。GVAは、企業のニーズに応じた適切なスキーム選択を支援します。

 

 

※従前、法定通貨と区別する趣旨から「仮想通貨」と呼ばれていましたが、令和2年5月1日施行の資金決済法第2条5項により「暗号資産」と定義されました。

顧問契約をご検討の会社様へ

この業務を取り扱う主な弁護士

GVAのベンチャー・スタートアップ法務一覧へ戻る

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー・スタートアップ企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

GVAのメールマガジン

ベンチャー業界の最新法律や動向を多様な弁護士の視点で解説。

メルマガ会員登録(無料)

JP