MENU

VENTURE GVAのベンチャー・スタートアップ法務

知財侵害チェック・予防

知的財産権の権利者は、自身で権利内容を独占できるだけでなく、権利内容に抵触する第三者に対し、損害の賠償や権利抵触行為の差止めを請求することができます。ただ、不十分な根拠で損害賠償を請求してしまい、後になってそのような権利行使が言いがかりであることが判明したような場合には、逆に権利者側が信用棄損などの責任追及をされかねません。


そこでGVAでは、知財侵害の疑いのある他者商品・サービスの内容を精査し、権利行使が成功するかどうかのスクリーニング調査を行うほか、専門的見地からの精緻な根拠に基づく権利行使をサポートします。


また、新商品や新サービスのリリースに先立って、他者の知的財産を侵害していないことの調査を行うほか、他者から権利侵害の警告を受けた際の対応に関するコンサルティングにも対応しています。

顧問契約をご検討の会社様へ

この業務を取り扱う主な弁護士

知的財産権(特許・著作権・商標等)の法務情報

GVAのベンチャー・スタートアップ法務一覧へ戻る

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー・スタートアップ企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

GVAのメールマガジン

ベンチャー業界の最新法律や動向を多様な弁護士の視点で解説。

メルマガ会員登録(無料)

JP