MENU

VENTURE GVAのベンチャー・スタートアップ法務

外国人雇用

ビジネスの急激なグローバル化に従って、国内・海外在住問わず優秀な外国人であれば自社で雇用してみたいという企業が増えています。しかし、日本で外国人を雇用するためには、17種類(外交・公用・教授・芸術・宗教・報道・投資経営・法律会計業務・医療・研究・教育・技術・人文知識国際業務・企業内転勤・興行・技能・特定活動・技能実習 )の分野で就労可能な在留資格(就労ビザ)を取得し、適正な法的手続きを経る必要があります。


GVAでは、在留資格確認から労働条件確認や労働契約締結、そして入国管理局に対し在留資格認定証明書交付に至るまでの就労ビザ申請手続を支援し、雇用前・雇用後を問わず外国人雇用に関する労務体制の整備をサポートします。

顧問契約をご検討の会社様へ

この業務を取り扱う主な弁護士

GVAのベンチャー・スタートアップ法務一覧へ戻る

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー・スタートアップ企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

GVAのメールマガジン

ベンチャー業界の最新法律や動向を多様な弁護士の視点で解説。

メルマガ会員登録(無料)

JP