ストックオプション

ベンチャー企業は、IPOやバイアウト等のイグジットを行い、創業メンバー、エンジェル、ベンチャーキャピタル等が保有する株式のキャピタルゲインを現実化させることを目指しています。

 

しかし、株式に関しては議決権に関わる側面もあることから多数人に付与することはあまり好ましくありません。そこで、ベンチャー企業では企業価値の向上に貢献してくれた役員や従業員に対してストックオプションを付与することが多々あります。ストックオプションの発行の際には役員又は従業員に税務上、有利になる税制適格ストックオプションを設計・発行することが原則となります。


また、会社の代表取締役にストックオプションを発行することで潜在的な株式比率を上昇させ会社の支配権の調整を行うために活用することもあります。


ストックオプションの設計・発行にあたっては、税制適格で設計する場合には税制適格の各種要件を慎重に吟味しなければなりません。場合によっては企業価値を算定しなければならないこともあるでしょう。また、特殊な行使条件を付ける場合やバイアウトの際の条件についても注意が必要です。その他、会社法上、登記上、労働法上、金融商品取引法上の問題点についても検討しなければなりません。


GVAは、ベンチャー企業のニーズに合ったストックオプションを設計・発行するため、要項、割当契約書、登記手続等についてその一切を全面的にサポートします。

この業務を取り扱う弁護士

GVAのベンチャー法務一覧へ戻る