コーポレート・登記

コーポレートガバナンスの適切な実施、すなわち、会社の意思決定機関である株主総会および取締役会を適時に適切な方法で実施し、適切な社内規程を整備することは、多数のステークホルダーを抱える会社の社会的な責務となるだけでなく、ファイナンスを受ける際の必要条件になることが多く、会社運営上必須となるため早期に適切なガバナンス体制を整備する必要があります。


加えて、近年はコンプライアンスの意識の高まりにより、法律を遵守した手続の履践がクローズアップされることが多く、弁護士等専門家の知見は、会社の組織運営に不可欠のものとなっています。


また、社内の手続を履践した場合、議事録等の書類を適切に作成し、登記手続を実施することも重要です。上場やバイアウトの直前期にある企業はもちろんのこと、各ラウンドにおける投資を受ける際にも、会社の社会的な信用として、登記が適時かつ適正に実施されていることがより一層重視されています。


GVAではコーポレートサービスを、具体的な体制整備、社内規程の作成、決議の内容や方法に関するアドバイス、議事の運営から登記手続を含めてワンストップサービスとして提供しています。

この業務を取り扱う弁護士

サービス内容

コーポレート・登記の法務情報

GVAのベンチャー法務一覧へ戻る