MENU

VENTURE GVAのベンチャー法務

社債

「社債」とは会社が資金調達のために発行する有価証券です。社債の中でも、ベンチャー企業が最も活用する可能性が高い新株予約権付社債(CB)は、基本的な法的性質は債権であり利息を含めて元本を回収することが可能です。加えて、CBは株式に転換することも可能でありベンチャー企業の企業価値が増大した場合には株式に転換することによりキャピタルゲインを得ることができます。


ただし、CBの発行にあたっては設計が複雑になるため、会社法上、金融商品取引法上及び登記上の検討事項があります。また、ベンチャー企業は負債であるCBよりも資本となる株式の方が有利であることが多いため、そもそも受け入れないという選択肢も検討すべきでしょう。


GVAは、ベンチャー企業及びベンチャーキャピタルの社債及びCBの設計、定款作成、その他会社法の手続、登記手続のサポートを行います。

顧問契約をご検討の会社様へ

この業務を取り扱う弁護士

ベンチャーファイナンスの法務情報

GVAのベンチャー法務一覧へ戻る

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

GVAのメールマガジン

ベンチャー業界の最新法律や動向を多様な弁護士の視点で解説。

メルマガ会員登録(無料)

JP