MENU

VENTURE GVAのベンチャー法務

投資スキーム策定

ベンチャー企業が資金調達を行う際には、普通株式・種類株式を含む株式の発行、金銭消費貸借による借入、社債・新株予約権付社債、クラウドファンディングによるファイナンス手法を活用するのが一般的です。


また、ベンチャーキャピタルが出資をする前提として、債務を整理したり、事業を整理したり分割したり、知的財産権を集約したりすることがあります。会社の債務を株式に転換させるデッドエクイティスワップ(DES)と言われる手法を活用することもあります。


ベンチャー企業がおかれている状況に応じてケースバイケースの手法をとるため、法的な検討事項は多岐にわたります。GVAは、ベンチャー企業及びベンチャーキャピタルの最新のファイナンス手法のサポートに加え、ファイナンスの前提条件を整備するサポートを行います。

顧問契約をご検討の会社様へ

この業務を取り扱う弁護士

ベンチャーファイナンスの法務情報

GVAのベンチャー法務一覧へ戻る

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

GVAのメールマガジン

ベンチャー業界の最新法律や動向を多様な弁護士の視点で解説。

メルマガ会員登録(無料)

JP