MENU

VENTURE GVAのベンチャー法務

種類株式の設計

ベンチャーキャピタルから出資を受けたベンチャー企業はイグジットを目指しますが、すべてのベンチャー企業が成功的にイグジットができるとは限りません。そのため、ベンチャーキャピタル側としては、投下資本の回収に対するさ際、注意を払っておかなければなりません。

 

このような現状から会社清算時・特定のイグジットにおける優先配当、種類株主総会による拒否権・役員の選任権等の条項を記載する種類株式が活用されています。 種類株式は使いようによってベンチャー企業とベンチャーキャピタルの利害関係のバランスをとることができますが、内容が複雑になるケースが多くベンチャー企業及びベンチャーキャピタル相互の妥当性、登記を含めた法的な有効性、設計の矛盾、その後の運用を意識したものになっているかの観点から設計及びレビューが必要です。

 

GVAは、ベンチャー企業及びベンチャーキャピタルの種類株式の設計、定款作成、その他会社法の手続、登記手続のサポートを行います。

顧問契約をご検討の会社様へ

この業務を取り扱う弁護士

ベンチャーファイナンスの法務情報

GVAのベンチャー法務一覧へ戻る

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

GVAのメールマガジン

ベンチャー業界の最新法律や動向を多様な弁護士の視点で解説。

メルマガ会員登録(無料)

JP