MENU

VENTURE GVAのベンチャー法務

グループ企業再編

企業が成長すると、それまでの過程で行った企業買収、資本提携、会社設立等によって増加したグループ子会社に関して、経営の効率化やIPOに向けた体制構築のため、グループ内の企業を再編成する必要が生じることがあります。


例えば最近では、企業効率を向上させるため、企業を持株会社化することにより、事業部門ごと機能ごとに会社を分けたり、分散する機能又は資金を集約するなどの再編は常態化しています。また、ビジネスの拡大を想定して設立した新会社の事業を縮小する場面では、子会社の吸収・解散などが行われ、グループ内における複数の事業移管といった小規模な再編・整理も頻繁に行われています。


これらの組織再編には、同一グループ内であるため、第三者との交渉などは生じませんが、株式交換や合併といった複雑な法的スキームを用いることも少なくなく、また、上場会社においては、金融商品取引法や証券取引所規則にも適切に対応しておかなければなりません。


GVAでは、弁護士・公認会計士・税理士が相互に密接な連携を取りながら、適切なスキーム選定、契約書及び手続関連書類のドラフト、デューディリジェンス、公告や登記などの各種サービスを広範かつ機動的に提供しています。

 

紛争

顧問契約をご検討の会社様へ

この業務を取り扱う弁護士

上場企業の法務情報

GVAのベンチャー法務一覧へ戻る

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

お電話でのご相談はこちら。

03-6712-7525 受付時間 平日10:00-18:00

GVAのメールマガジン

ベンチャー業界の最新法律や動向を多様な弁護士の視点で解説。

メルマガ会員登録(無料)

JP