MENU

VENTURE GVAのベンチャー法務

社外役員・独立役員・第三者委員の就任

日本の証券取引所における外国人投資家比率が増していることもあり、従来以上にコーポレートガバナンス体制の整備が必要になってきております。その一環で、近年の会社法改正による社外取締役の選任義務化の議論にありますように、企業経営の中に外部の有識者・専門家を設置することにより、企業の透明性及び公明性を向上させ、結果として多角的かつ機動的な経営判断が可能となります。


GVAでは、一人の弁護士が多くの顧問企業を担当している他、企業内弁護士の経験者、企業内への出向者及び社外監査役としての経営への参与など豊富な実績があるため、これらの経験を活かし、社外取締役や社外監査役として職務を執行している弁護士が数多く存在します。また、役員以外にも、自主規制団体や公益法人など各種団体の独立委員又は第三者委員として、公益性及び透明性を向上させるべく、積極的に人員配置を行っていきたいと考えております。

 

MBO・EBO・スクイーズアウト対応

顧問契約をご検討の会社様へ

この業務を取り扱う弁護士

上場企業の法務情報

GVAのベンチャー法務一覧へ戻る

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

お電話でのご相談はこちら。

03-6712-7525 受付時間 平日10:00-18:00

GVAのメールマガジン

ベンチャー業界の最新法律や動向を多様な弁護士の視点で解説。

メルマガ会員登録(無料)

JP