MENU

VENTURE GVAのベンチャー法務

ベンチャーファイナンス

スタートアップの企業は、IPOやバイアウト等のイグジットをするために急激な成長を目指しています。そのために、エンジェルやベンチャーキャピタルから資金調達をして事業展開のスピードを上げます。スタートアップは創業者利益をどのように分配するかと言う点が大きなテーマとなることに加えて、資本政策については原則として後戻りできないため慎重に検討しなければなりません。


特にベンチャーキャピタルから資金調達を行うためには、普通株式によるか種類株式によるか、新株約権付社債を活用するか、投資契約の内容について法的事項を検討しなければなりません。


さらに近年ではconvertible note、safe、kiss、series seed等シリコンバレーで活用されているような特殊なファイナンススキームでの出資をエンジェルやベンチャーキャピタルから提案を受けることがあるため、その法的リスクや妥当性についても検討する必要があります。
GVAは、スタートアップの資金調達についてトータル的にサポートします。

顧問契約をご検討の会社様へ

この業務を取り扱う主な弁護士

スタートアップ・ベンチャー(アーリーステージ)の法務情報

GVAのベンチャー法務一覧へ戻る

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

GVAのメールマガジン

ベンチャー業界の最新法律や動向を多様な弁護士の視点で解説。

メルマガ会員登録(無料)

JP