【GVA主催 オンラインセミナー 5/19開催】
弁護士が教える雇用調整助成金申請のポイント

開催日
2020年05月19日 13:00~(受付開始12:30~)
主催
主催:弁護士法人GVA法律事務所
開催場所
オンライン(Zoom)
参加費
無料

【GVA主催 オンラインセミナー 5/19開催】弁護士が教える雇用調整助成金申請のポイント

 GVA法律事務所では、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けている企業様、今後の対応を社内で検討されている企業様に向けて、「雇用調整助成金申請のポイント」をテーマとしたオンラインセミナーを開催いたします。
緊急事態宣言の延長が現実味を帯び、ますますビジネスへの無視できない影響が懸念される状況になってきました。解雇や雇止めに関する報道も続いているなか、従業員に支払う休業補償を国が助成する雇用調整助成金制度も、特例や制度の拡充が実施されています。
優秀な従業員を解雇することは、従業員の生活を不安にするだけでなく、企業側からみても、解雇自体が後から厳しく判断されるリスクがあり、また、コロナ終息後に改めて従業員を確保することが困難になる可能性もあります。
ただ、雇用調整助成金の申請も、簡易になったとはいえ、容易とまではいえず、必要な書類の作成や準備に戸惑う方も多いのが実情ですし、労使協定書の作成も、ミスをすると申請自体ができなくなる可能性もあります。
 そこで、弁護士が、雇用調整助成金の申請の方法、特にガイドブックの読み方を中心に、解説します。当日は、30分程度の解説を行い、参加者の方との質疑応答の時間を多く設けさせていただく予定です。

 

なお、セミナーでは、雇用調整助成金ガイドブック(簡易版)を使用いたしますので、参加者の方は、あらかじめ、厚生労働省のホームページから、雇用調整助成金のガイドブック(簡易版)をダウンロードしていただき、プリントアウトするなど、ご準備をお願いいたします。

 

※本セミナーは「Home to Homeセミナー(H2H)」です。
ご応募いただいた方へのみ、視聴用のURLをご案内いたしますので、皆さまもぜひご自宅よりご視聴ください。

 

※Zoomアプリの設定が必要になる場合がございますので、必ず事前にご確認いただけますよう、ご協力お願いいたします。

 

詳細プログラム(予定)

  • 登壇者紹介
  • 雇用調整助成金ガイドブックの読み方
  • 労使協定書作成の注意点
  • 必要書類の解説 等
  • 質疑応答

日時・申込方法

【日時】

5月19日(火)13時00分~

 

【お申込み方法】

info@gvalaw.jp宛にメールにてお申し込み

・お客様の会社名

・役職

・ご氏名

・メールアドレス

 をご記載下さいませ。

 

【お申込み締切】

5月19日(火)10時まで とさせていただきます。

 

※お申込みにより弊所が取得したお客様の個人情報につきましては、当セミナーへのご視聴方法のご案内の他、弊所サービスのご案内等、弊所プライバシーポリシー記載の目的に従い利用させていただきます。
プライバシーポリシーの詳細はこちらでご確認下さい。

 

参加費

無料

 

対象者

本イベントは、以下の方を対象とさせて頂きます。

  • 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けている企業様
  • 今後の対応を社内で検討されている企業様

 

参加条件

カメラオンでご参加ください。できるだけ、オフラインに近い形のセミナー実現のため、参加者方々の表情がみえる状態で実施させていただければと考えております。
なお、昼食時ですので、飲食しながらのご参加も歓迎致します。

 

定員

30名程度

※ご登録いただいた情報から確認ができない方、当事務所が適切ではないと判断した際には、
 事前連絡なくご参加をお断りする場合がございますのでご了承くださいませ。

 

会場

オンライン(Zoom)

 

視聴方法

Zoomでのオンライン配信

動画視聴方法につきましては、お申し込みいただいた方へのみご案内させていただきます。
当日のご案内メールが届かない方はお手数ですがinfo@gvalaw.jpまでご連絡ください。

※ご注意 Wi-Fi環境など高速通信が可能な電波の良い所でご視聴ください。

 

主催

弁護士法人GVA法律事務所

プログラム(予定)

12:30~

受付開始

13:00~13:30

担当者紹介、解説

13:30~14:00

質疑応答

登壇者

早崎 智久

早崎 智久

弁護士法人GVA法律事務所/第二東京弁護士会所属

2005年 大正大学仏教学科 卒業
2008年 専修大学法科大学院 卒業
2012年 遠藤大助法律事務所(福島県郡山市) 入所
2018年 弁護士法人GVA法律事務所 入所
哲学・宗教学を専攻後、弁護士となり、これまでに企業側における紛争事件(労働、不動産、金融等)、団体交渉、刑事弁護、破産管財人、成年後見人、相続財産管理人等に幅広く従事。
現在は、企業法務においてサービスを提供中。
医療・ヘルスケア、FashionTech、人事労務、ファイナンス、シェアリングエコノミー、EC、M&A・企業買収、IPO支援、人事労務、IT法務、その他クライアントに応じた法務戦略構築、紛争対応に従事する。