IoT・AI関連ビジネスを法務・知財の観点から推し進めるアライアンス戦略

開催日
2018年11月07日 13:00-15:00 セッション1 / 15:10-17:00 セッション2 
※セッション毎のご参加が可能です。
主催
主催:一般社団法人企業研究会
開催場所
企業研究会セミナールーム(住所:東京都千代田区麹町5丁目7番2号 MFPR麹町ビル2F)
参加費
会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)、
<1セッションのみ>会員27,000円(本体価格25,000円)/一般30,240円(本体価格28,000円)

IoT・AI関連ビジネスを法務・知財の観点から推し進めるアライアンス戦略

開催概要:

セッション1:法務部門の観点から推し進めるアライアンス戦略

セッション2:知的財産部門の観点から推し進めるアライアンス戦略

 

<受講対象>

法務部門、知的財産部門、情報システム部門、生産部門など関係部門のご担当者

 

【セッション1】法務部門観点から見るIoT・AIビジネス (講師:神田詠守)
1.IoT・AIビジネスの特徴
(1)IoT・AIビジネスの現状
(2)IoT・AIビジネスの構造的特徴
(3)IoT・AIビジネスで注意すべき観点

 

2.IoT・AIビジネスと法務~総論~
(1)データの法律問題
(2)デバイスの法律問題
(3)その他の法律問題
(4)AI開発契約における実務上の留意点
(5)クロスボーダーにおける実務上の留意点

 

3.IoT・AIビジネスと法務~各論 個人情報との関係~
(1)IoT・AIと個人情報
(2)プライバシーポリシーの必要性
(3)外国法との関係

 

4.IoT・AIビジネスと法務~各論 IoTサービス利用規約~
(1)IoT・AIビジネスにおける利用規約の位置付け
(2)利用規約に関する諸問題
(3)IoT利用規約の逐条解説

 

 

【セッション2】知的財産部門の観点から推し進めるアライアンス戦略 (講師:恩田俊明)

1.IoT・AIビジネスの特徴
(1)IoT・AIビジネスで意識すべき知財とは
(2)IoT・AIビジネスの構造的特徴

 

2.データの取扱をめぐる考え方
(1)生データ提供者からの視点
(2)データ利用者からの視点

 

3.IoT・AIビジネスにおける知財戦略構築の方向性
(1)行為主体と権利(責任)主体を意識した権利活用
(2)IoT・AI関連知財(特許)の一例紹介
(3)著作権法・不競法の改正概要と活用の方向性

 

(イベント・セミナーサイトより引用)

 

※お申し込みは、以下のサイトよりお願いいたします。

 

外部リンク:IoT・AI関連ビジネスを法務・知財の観点から推し進めるアライアンス戦略(一般社団法人企業研究会)