IoT関連ビジネス 法務・知財戦略
~ソフトとハードの交差点の法的論点および各種法的書類の具体的記載例を踏まえて解説~

開催日
2017年01月16日
主催
主催:経営調査研究会
開催場所
金融財務研究会本社 グリンヒルビル セミナールーム
参加費
34,600円(お二人目から29,000円) 消費税、参考資料を含む

開催概要:

第4次産業革命とも謳われるIoT時代のビジネスでは、モノ、サービス、インターネットが繋がることに伴い、既存の分野の枠にとらわれない横断的な法務・知財戦略が求められます。IoTはWEBサービスやアプリビジネスで語られてきたソフト面の法的課題と製造物責任、保証書等のハード面の法的課題の双方を解決しなければならないことに加えて、ソフトとハードが交差することにより新たな法的課題・知財課題が出てきています。
本セミナーでは、IoTビジネスにおける法律上のリスクを洗い出し、より効果的な法務・知財戦略を策定するためのコツを解説いたします。

 

1.IoTビジネスの概要
(1)IoTビジネスのプレイヤー、バリューチェーン

(2)IoTビジネスの具体例

(3)Amazonエコーの問題意識


2.IoTビジネスの法務戦略
(1)ユーザーとの法律関係

(2)他社とのアライアンス

(3)各種規制法令


3.IoTビジネスの知財戦略
(1)IoT知財の概要

(2)IoT製品に関する特許出願のポイント

(3)IoTビジネスに関する商標出願のポイント

(イベント・セミナーサイトより引用)

外部リンク:IoT関連ビジネス 法務・知財戦略(金融財政研究会)