依頼者に共感しながら、やりがいを持って仕事ができると確信した

大橋乃梨子/69期/前職:法律事務所

GVAへの入所を決めた理由を教えてください。

依頼者との距離感と事務所の雰囲気に魅力を感じ、入所を志望しました。

 

初めてGVAを訪問した際に、面接で仕事への取り組み方を聞き、執務室で弁護士が業務を行っている姿を見て、「ビジネスへの理解」や「依頼者のスピードに沿った問題解決」を大切にしていると肌で感じました。依頼者に共感しながら、やりがいを持って仕事ができると確信したことが、志望の大きな理由です。

 

また、弁護士や事務局、事務所全体の雰囲気がとにかく明るいと思います。コミュニケーションが充実していて、良い意味で壁がありません。皆が一体となって、より良い事務所づくりを心がけています。案件を解決する上で、満足なコミュニケーションがとれていることは、必要不可欠と考えます。雰囲気の点でも、より良い解決策を生み出すための体制が万全な事務所だと思い、入所を志望しました。

GVAでの業務の取り組み方

他の弁護士と共に、法律相談、契約書や規約の作成・レビュー、適法性リサーチ、紛争対応等、あらゆる分野の業務を行っています。

 

GVAの特徴のひとつとして、「担当制」「チーム制」があります。これは、原則2人以上の弁護士が共同して、顧問先の担当となり、法務課題全般に対応するというものです。

 

担当制をとることで、企業の現状や方向性を深く把握できます。責任を持って、寄り添える体制だと思います。また、複数の弁護士がチェックすることで、確実な法務サービスの提供が可能です。

 

GVAは、自分の意見を発信でき、積極的に業務に参加できる環境です。自身の検討結果を伝え、先輩の意見や指導を受けることで、より良いものが生み出せると思います。

GVAでこれは、という紹介したい制度があれば教えてください

ビジネス理解力の勉強会です。

 

GVAには、弁護士を対象として多くの勉強会が開催されています。その中でも、ビジネス理解力の勉強会は、弁護士が最新のビジネスの知識や潮流を把握するものです。GVAの顧問先の業種は様々です。また、多くの依頼者の方が、経済の動きや最新のビジネスの動きに敏感です。

 

正直、私は、入所当初、ビジネスの情報が目まぐるしく飛び交う環境に戸惑いました。しかし、依頼者の方に寄り添うためには、ビジネスの理解は必須のものと感じます。

 

GVAでは、この勉強会を通じて、他の弁護士がニュースやクライアントから聞いた新しい生きた情報を交換することができ、依頼者のニーズにも応えることができます。

将来どんな弁護士になりたいですか?

「依頼者に寄り添える弁護士」になりたいと思っています。

 

GVAに入って最も強く感じたことは、「ビジネス理解の重要性」です。ビジネスを理解して初めて、企業法務サービス提供のスタート地点に立てると思います。

 

依頼者とのコミュニケーション、課題解決、全てにおいて、ビジネス理解が根幹にあると感じます。

 

「日々前進」を心がけて、着実に理解力を深め、依頼者に寄り添える弁護士に成長できればと思います。

69期弁護士へのメッセージ(戸田一成弁護士)

戸田_写真

大橋弁護士のリサーチや契約書レビューの能力は着実に伸びてきていると思います。 
今後は、よりクライアントのニーズや悩みに寄り添って、一緒にビジネスを成功させていくパートナーとして存在感を発揮していくことを期待しています。

修習生向け

68期/新卒入所

金子 知史

68期/新卒入所

康 潤碩

69期/新卒入所

森田大夢

69期/新卒入所

仲沢勇人
中途採用向け

60期/前職法律事務所

森田芳玄

62期/前職インハウス

鈴木 景

63期/前職特許事務所

恩田 俊明

65期/前職法律事務所

渡邉 寛人

69期/前職法律事務所

大橋
弁護士インタビュー一覧へ戻る

Copyright © Gvalaw.jp All rights reserved.

TOP