ご挨拶

私は、都内の企業法務を扱う事務所にて、いわゆるシステム開発訴訟に携わるなど、IT企業が直面する問題に取り組んでまいりました。また、2018年には経済産業省の「AI・データの利用に関する契約ガイドライン」の作業部会の構成員として、AI開発やデータ取引に関するガイドラインの作成を担当いたしました。

AI、IoT、Fintechなどの新しい技術やサービスによって、今まさに社会が変わろうとしています。そのような変化を担う企業の皆様を、法律という分野から支えることができればと考え、GVA法律事務所に参画いたしました。

企業の皆様がかかえる問題は、法律だけではなく、技術とビジネスの観点からも検討を行ったうえで、創造的な解決を図っていく必要があります。クライアントの皆様が事業を推進していくために、全力でサポートしてまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。

登録・所属

第一東京弁護士会

主なセミナー・出版実績等

●セミナー実績

システム開発におけるトラブルの模擬裁判(ワークショップ)(日本ITストラテジスト協会)(2016年6月、2017年5月、6月)

海外進出時における労務対応の注意点(JETRO主催)(2017年3月)

介護事業運営のリスクマネジメントとトラブルシューティング((株)三菱電機ビジネスシステム主催)(2017年3月、6月)

システム開発紛争の類型別解説、システム開発におけるトラブルの模擬裁判(ワークショップ)((公社)日本技術士会 情報工学部会主催)(2017年10月)

システム開発でのトラブルの模擬裁判(ワークショップ)(日本情報技術取引所(JIET)主催)(2018年4月)

「AI・データの利用に関する契約ガイドライン」について((一社)情報通信ネットワーク産業協会)(2018年5月)

「AI・データの利用に関する契約ガイドライン」について(日本ITストラテジスト協会)(2018年6月)

 

●執筆担当等

チャレンジする東大法科大学院生-社会科学としての家族法・知的財産法の探求(共著)(商事法務、2007年)

裁判例から考えるシステム開発紛争の法律実務(共著)(2017年、商事法務)

民法改正システム開発へのインパクト(日経コンピュータ2017年8月17日号、同31日号)

システム開発に関する紛争のパターンにはどのようなものがあるか(Business Lawyers、2017年10月)

法務部門はシステム開発の現場をどのようにサポートするべきか(Business Lawyers、2017年10月)

請負契約と準委任契約の相違点(Business Lawyers、2017年10月)

システム開発における一括契約と多段階契約のメリット・デメリット(Business Lawyers、2017年11月)

機能・仕様に関する紛争の発生原因と予防のためにベンダーがすべきこと(Business Lawyers、2017年11月)

仕様変更における追加報酬のトラブルを防止するためにはどうすればよいか(Business Lawyers、2017年12月)

プロジェクト・マネジメント義務と協力義務(Business Lawyers、2018年1月)

システム開発における仕事の完成の判断基準(Business Lawyers、2018年1月)

システム開発における瑕疵担保責任(Business Lawyers、2018年2月)

システム開発のプロジェクトが中途で終了したときの解除と損害賠償請求(Business Lawyers、2018年6月)

契約締結前に受注の内示が出た場合、ベンダーはどう対処するべきか(Business Lawyers、2018年6月)

ポイント解説 AI・データの利用に関する契約ガイドライン 第2回 データ編(2) データ創出型契約、データ共用型(プラットフォーム型)契約(NBL、2018年7月1日号)

 

●所外活動等

JETROものづくり・サービス産業海外展開専門家事業 支援専門家

経済産業省「AI・データ契約ガイドライン検討会」 作業部会構成員

農林水産省「農業分野におけるデータ契約ガイドライン検討会」専門委員

経歴

2004年
東京大学法学部 卒業
2007年
東京大学法科大学院 修了
2007年
最高裁判所司法研修所 入所
2008年
桃尾・松尾・難波法律事務所 入所
2014年
米国南カリフォルニア大学法科大学院 修了
2014年~
シンガポール共和国Colin Ng & Partnersにて勤務
2015年
ITストラテジスト試験(IPA高度情報処理技術者試験) 合格
2018年
GVA法律事務所 入所

セミナー情報

出版・メディア実績