デューデリジェンス

企業が成長し更に成長を遂げるためには、株式を証券取引所に新規上場させるだけではなく、大手企業に対してバイアウトを行う事例が増えてきています。企業価値を高め、事業拡大を図り、発行株式を公開するためには、大企業とのシナジー効果が期待されています。

 

バイアウトのプロセスでは、買収企業によってデューデリジェンスが行われることが一般的なため、企業買収を行う際は専門家の意見に耳を傾け対応する必要があります。交渉の結果、契約書の不備や労務リスクなどにより、取引が破綻したり取引数が減少したりしてしまうことが多く見受けられることから、事前に弁護士と相談をすることが不可欠です。

 

契約締結の際は、企業及び経営者が表明保証を行うことが一般的です。しかし、企業はその保証を行うか否かについて慎重に分析する必要があります。その上、長期間にわたる競業避止義務により買収後も不要なリスクを負うような内容が契約上に記載されていないか等、契約内容の詳細について弁護士に相談することをお勧めします。

 

GVA法律事務所では、契約書の作成や見直しの他に、買収先企業との契約締結交渉を行うことでバイアウト後の価値が不当に低くなったり、危険負担を負ったりしないよう、契約交渉のサポートも積極的に実施しております。

この業務を取り扱う主な弁護士