合併・買収

近年、企業は、成長を遂げるためにIPOを目指すだけではなく、バイアウトも検討しています。バイアウトとは、企業が買収先企業の支配権を獲得する企業の株式を購入することを意味します。バイアウトの取引は、長期にわたる交渉、詳細な文書及び契約書が伴います。バイアウトの交渉は、単に買収金額が低いことが原因で失敗に終わってしまう場合もあります。当事者は、買収先企業による保証及び買収先企業が負う義務等の詳細事項を、契約書に確実かつ明示的に定義し、バイアウトを成功させるための他の重要事項も契約書に記載しなければなりません。従って、バイアウトの交渉を行う前に法律専門家に相談する必要があります。

 

GVA法律事務所では、バイアウトに関連する契約書の作成や見直しに関する法的サービスを提供するだけではなく、交渉段階においてもサポートを行っております。弊所の弁護士は、公平でかつバイアウト取引を成功させるためのアドバイスを提供いたします。

この業務を取り扱う主な弁護士