ビジネスに関するリーガルリサーチ

新規事業または新たなサービスを開始する際は、事業またはサービスが法律に違反していないことを確認する必要があります。立ち上げ段階では、ビジネスモデル自体の適法性に疑問があり、サービス停止または行政処分により企業の信頼度が下がる場合があります。企業が自社の違法状態に気づかずに事業を開始してしまい、事業が拡大するにつれユーザーや政府機関がその事業に注目し、その後その事業が違法であることが判明したというシナリオがあります。その結果、事業の変更又は事業が中止となるケースがあります。しかし、このようなシナリオにおいても、単に行政機関に届け出するだけで、法的に問題なく事業を行うことができる場合があります。

 

GVA法律事務所では、日本にある数百ものスタートアップ企業にサービスを提供しているため、新たなビジネスモデルの適法性の判断については経験が豊富です。ノウハウを活用し、弊所の弁護士は、ビジネスモデルの主要ポイントや収益化のメカニズムに基づいて迅速に“適法性の判断”を行います。

この業務を取り扱う主な弁護士