商業契約書

ビジネスを始める前に、下請け業者や広告代理店等、各商取引に付随する様々な契約書を締結することが必要です。さらに、ウェブサービスやアプリケーションを提供する際は、利用契約書やプライバシーポリシーを作成し、契約書には禁止事項、免除事項、支払い関連事項等が全て規定されていることを確認する必要があります。
スタートアップ企業は、他の企業の契約書や利用規約を流用することがよくありますが、流用した契約書及び利用規約は、必ずしもその企業にとって望ましくない場合があり、その結果、企業は知らずに多くのリスクを被ることがあります。

 

委託契約書の場合でさえも、各規定の諸条件は、委託者及び受託者の観点から作られています。条項の意味を理解せずに委託をすることで与える影響について、会社が判断を行うことは容易ではありません。企業に適しない契約書及び条件を使用することで、知的財産権が譲渡されてしまうという事例や、損害に対する補償上限がスタートアップ企業に不利になる形で課せられる場合が多く存在します。

 

GVA法律事務所は、契約書の作成、契約書のレビュー、契約締結の交渉、及び利用契約書の作成やレビュー等、スタートアップ企業の事業リスクを効果的に低減するための経験が豊富で、企業のビジネスモデル及びフェーズに合った契約書を提供しています。

この業務を取り扱う主な弁護士