中国サービス グローバル・プラクティス

中国サービス

GVA法律事務所は、東京オフィスに中国弁護士が常駐し、中国の現地大手事務所とも連携しながら、日本・中国におけるビジネスを法務の面からトータルサポートしています。

日本企業の中国進出に対しては、日本本社と現地子会社をワンストップでサポートすることができ、北京、上海、広州、深セン、成都、杭州、西安などの都市におけるビジネスに幅広く対応可能です。
また、アウトバウンドの領域においては、国際取引契約、日本企業による中国への直接投資、間接投資(VIEストラクチャーを含む)、クロスボーダーM&A、知的財産権、独占禁止法、撤退、訴訟、仲裁などの分野をカバーしています。

さらに、中華圏の企業による日本へのインバウンド投資案件がますます増えている中で、日本における会社設立、ビザ、投資、ライセンス、知的財産権などの分野に中国語で対応可能です。
GVAが得意とするフィンテック、ヘルステック、AI、IoT、ブロックチェーン、仮想通貨といった最先端のビジネスにも対応しております。

中国サービスメンバー

中国法アウトバウンドサービスメニュー

1.クロスボーダーM&A
(1)中国企業買収スキームの策定、法務デューディリジェンス、クロージング契約の作成及び交渉
(2)日本企業M&A

2.対中投資
(1)直接投資による中国進出に関する法的相談、関連契約の作成
(2)VIEストラクチャーによる中国規制業種の進出に関する法的相談、関連契約の作成

3.拠点設立
(1)外商投資企業、駐在員事務所、支店の設立

4.拠点撤退
(1)外商投資企業、駐在員事務所、支店の撤退

5.中国企業との国際取引契約の作成、交渉

6.コンプライアンス
(1)中国現地法人のコンプライアンス体制の構築・チェック
(2)社内秘密保持制度の構築 社内規程・ガイドラインの作成
(3)サイバーセキュリティ法対応
(4)中国現地法人不正調査
(5)社内コンプライアンス研修

7.独占禁止法
(1)中国当局による独占禁止調査対応
(2)企業結合届出

8.知的財産権(特許、商標、意匠、著作権)
(1)知的財産権に関する紛争解決
(2)技術ライセンス契約等の作成、交渉

9.労務
(1)労働契約、就業規則の作成
(2)労働法遵守体制の構築・チェック
(3)ビザ・在留許可に関するアドバイス
(4)労働者との紛争解決(交渉、労働仲裁、労働訴訟)

10.紛争解決
(1)交渉
(2)民事訴訟
(3)財産保全
(4)仲裁
(5)強制執行

グローバル・プラクティス

IT技術の進化とグローバル化により、国境を超えて世界を舞台にビジネスを展開するチャンスが広がっています。しかし、国境を超えたサービス展開には、各国の法規制や参入規制などの障壁があり、企業にとっては、いまだ法務の壁が厚いのが現状です。

国際的な法務課題を解決するためには、現地専門家によるローカルの専門的意見やリサーチが必須となりますが、海外の言語や文化を理解するのが難しい上、法律の趣旨や解釈など、日本法でも理解するのが難しい論点について、咀嚼した上でビジネス判断を行うのは非常に困難です。また、現地専門家の金銭的な相場や慣習、案件方針の管理についても国内とは異なる難しさを伴います。

GVAの取扱うグローバル・プラクティスは、GVAクオリティの全体最適の法務サービスを提供するため、日本人弁護士が、直接クライアントから事業計画やビジネス内容をヒアリングします。そのうえで、クライアントニーズに沿った解決・提案方針を立案し、必要性に応じて、GVA内部の外国人スタッフや、連携する現地専門家をアサインしチームを組成し、日本人弁護士が、チームを統率し、スピード感やクライアントニーズに沿ったリサーチ・書面作成を管理する体制を整えています。

GVAでは、海外現地の言語、文化や慣習に精通した外国人スタッフ(外国弁護士資格保有者を含みます。)を東京オフィスに配置し、現地ローカルの専門家の意見を、クライアント目線でブラッシュアップし、日本人の感覚で理解しやすい形に落とし込む体制を整えております。また、ご依頼の多いタイ案件については、バンコクにタイオフィスを構え、日本人弁護士を常駐させ現地弁護士を配置することで、よりスピーディーかつ手厚い対応が可能な体制を整えております。

グローバル・プラクティス

外国人スタッフ

 

法務情報

 

海外案件でもGVAクオリティを提供

GVAが提供する顧問サービスとは

GVAでは、これまで幅広いフェーズと、多種多様な業種業態の200社以上のクライアント(クライアントの声)と顧問契約をさせて頂き、様々な問題についての知見と経験を蓄積してきました。

GVAは、クライアントの経営判断に役立ち、ビジネスを推進させるための法務アドバイス、すなわち「全体最適の法務サービス」を提供することが重要と考えております。

テクノロジーの進歩、グローバル化により外部環境が劇的に変化する現代では、法務は経営判断の重要な要素となってきています。今後は、ビジネス戦略の一部として法務戦略を構築していく重要性が高まっています。

そこで、自社と同種類似の業種・フェーズの企業に関する知見・経験を有する法律事務所に質の高いアドバイスを求め、ビジネス推進のために解決すべき法務リスクを分析・把握し、優先順位を付けた上でに戦略的にリスクに対応していくことが重要です。

1

ビジネスに関する知見を活かしたサービス

ビジネス全体を見据えた法務提案

ビジネス全体を見据えた法務提案

企業の事業活動においては、取引契約や従業員の労務管理、資金調達、ときには紛争などが継続的に発生します。これらを法務の面からサポートするには、紛争対応、知財法務、契約法務、ファイナンス、労働法務、コーポレートといった伝統的な企業法務の知識・経験が不可欠です。

しかしながら、「企業の全体最適」の視点から法務サポートを行うためには、これらの「伝統的な企業法務」に、ビジネスモデル、財務、戦略、組織や成長フェーズなどに関する知見、すなわち「ビジネス理解力」を融合させることが重要と考えます。

GVAでは、このような「伝統的な企業法務」と「ビジネス理解力」の融合による新たなビジネス法務を提供したいと考えています。

2

企業フェーズに応じた法務サービス

フェーズに沿った発展的法務のご提案

フェーズに沿った発展的法務のご提案

事業に必要な法務は、ビジネスの発展とともに求められる内容・水準が変化していきます。

弊所は、スタートアップから上場会社まで多様なフェーズにおける企業のビジネスをサポートしてきた経験から、現在の企業フェーズにあわせた法務提案を行うことはもちろん、御社の事業戦略における次のフェーズを見据えた、中長期的な法務体制の整備をサービスとして提供します。

クライアントの声

その他取扱案件

  • 米国医療法リサーチ
  • 中国医療法リサーチ
  • シンガポール労務体制整備
  • フィリピン投資詐欺紛争
  • 韓国企業との取引紛争
  • マレーシア企業ファイナンス案件
  • タイ賃金請求訴訟
  • インドネシアオンラインゲーム適法性リサーチ
  • 各種クロスボーダー取引契約
  • 各種投資契約