データビジネスサポートパック 企業における適切なデータの利活用をサポートします

データビジネスサポートパックは、企業が、ユーザーやクライアントの情報を適切に保護しつつ、保有するデータの利用価値を最大限に引き出すためにGVA法律事務所が提供するサービスです。

日本では個人情報保護法が改正され、データ利活用に関する施策や事業者の守るべき責務の在り方等様々な点に変化が生じます。
また、ビジネスの場が海外に広がったことで、EU圏のGDPRやカリフォルニア州のCCPA(CPRA)をはじめとする諸外国の個人情報保護法制の遵守も意識しなければならなくなりました。
目まぐるしく変わるデータの利活用をめぐる規制や技術に対応できるようにすることで、企業のビジネスの促進をサポートします。

  • Service1

    簡易チェック

    無料相談(1H)と、1サービス分のプライバシーポリシーの内容と実際の運用状況を踏まえたリスクチェックを実施します。

  • Service2

    Privacy Data Due Diligence(PDDD)

    NDAや契約書、プライバシーポリシーを包括的にチェックし、データや個人情報の取り扱いに関するリスクの洗い出しを行います。
    洗い出しの結果については、カウンセリングレポートを提出します。

  • Service3

    データ・プライバシー・個人情報 コンサルティング

    収集済みのデータ・情報の利用方法の検討、安全かつビジネス利用に耐えうるデータ収集スキームの検討など、企業の事業内容や規模に沿ったコンサルを行います。

  • Service4

    海外法令リサーチ、海外法令対応

    EU圏のGDPRやカリフォルニア州のCCPA(CPRA)だけでなく、タイ等をはじめとする様々な国や地域でデータの取り扱いに関する法律が制定、改正されています。
    国際化するデータの移転に必要なリサーチや対応を行います。

  • Service5

    情報セキュリティ体制構築

    社内の情報セキュリティ規定の制定や改訂、実施状況の監査等、セキュリティ体制の構築のサポートを行います。

  • Service6

    社内研修

    適切なデータの利活用をするためには、経営陣や管理職クラスだけが必要な知識を持っているだけでは足りず、各従業員が最低限のリテラシーを持っていなければなりません。
    対象にあわせた、社員研修を実施致します。

プラン 費用
簡易チェック ¥0
Privacy Data Due Diligence(PDDD) 応相談
データ・プライバシー・個人情報
コンサルティング
応相談
海外法令リサーチ、海外法令対応 応相談
情報セキュリティ体制構築 ¥220,000~ (税込)
社内研修 ¥110,000/H~ (税込)

『データビジネスサポートパック』のお問い合わせはこちらから

※「お問合せの種類」より、“データビジネスサポートパック”をお選びいただけます。