株式会社メトセラ 代表取締役 野上 健一 様

ベンチャーが抱える法的問題や、日々の業務を理解してくれていると感じました。

株式会社メトセラ
代表取締役 野上 健一 様

自社のご紹介

心疾患の新しい治療法を開発している、2016年創業のベンチャー企業(https://www.metcela.com/)です。
現在国内外の協力者との共同研究がそれぞれ進行しています。

顧問弁護士を必要とするに至ったきっかけ

ヘルステックベンチャーは、たくさんの最新技術を使用するため、これらの権利を会社に確保することが重要です。一度失った権利は取り返せない、との思いのもと、権利関係を取り決めるための契約書チェックなど、リーガルについては当初よりその必要性を強く感じていました。社内でできる部分も多いのですが、リソースの問題もありますし、会社の規模が大きくなり、技術が複雑化するにつれ、権利関係の把握や対応策が難しくなったこともあり、顧問弁護士への依頼が急務でした。

GVAを選んでいただいた理由

我々のようなベンチャー企業をサポートしていただける、気軽に相談できる法律事務所を探していました。いくつかご紹介をいただいた事務所の中で、一番ベンチャーならではの相談をしやすい事務所だと思ったのでGVAにお願いすることにしました。GVAは、我々と同じベンチャー企業をたくさん支援しているので、ベンチャーが抱える法的問題や、日々の業務を理解してくれていると感じたこともGVAを選んだ一つの理由です。

ベンチャー企業が顧問をつける意味

我々のようなヘルステックベンチャーにとって権利の確保は常に課題になります。リーガルの必要性は大いに感じているところでして、リソースの限られているベンチャー企業にとっては社内で逐一確認するのはかなり厳しいところです。そのため、顧問弁護士という形で、しっかりとサポートしていただける法律事務所の存在はありがたいと思っています。

GVAに対するご意見ご感想

社内のリソースを使わずに、契約書の確認やリーガルアドバイスをしていただけており、顧問弁護士としてありがたい存在です。今後もベンチャー目線の法律事務所であり続け、ベンチャー企業が見落としがちな部分や、リソースが不足している部分を確認してほしいと思っています。

クライアントの声一覧へ戻る