スタートアップ

ビジネスモデルの適法性

新規事業・サービスを開始するにあたって、その事業・サービスが法律に抵触していないかについて、必ずサービス開発する前に確認しておくことが重要です。スタートアップの段階では、多少グレーであってもサービス開発に専念するといった例などもあり、ビジネスモデル自体の適法性に意識が回らず、後々サービス停止や行政罰が科され、会社の信用力を低下させるケースが多く見受けられます。

 

よく見受けられるケースとしては、サービスの認知度がない内は順調に事業が成長していきますが、軌道に乗ってきたためにユーザーや行政庁からの目が増えてきた際に、そのビジネスが違法であることが発覚するケースがあります。その結果として、事業変更や事業廃止を余儀なくされるケースも珍しくありません。事業開始前にビジネスモデルの適法性判断を行ってさえいれば、規制はあるものの、行政庁への届出を提出すれば適法に事業が行えるといった規制態様もありますので、安心してサービス開発・運営に専念することができます。


GVAでは、これまで数百社に上るスタートアップ企業の依頼を受けてきたため、数多くの新規事業のビジネスモデルの適法性に関するノウハウを有しております。このようなノウハウを活かし、ビジネスモデルのポイントとマネタイズの仕組みを理解した上で、適法性判断をスピーディーに提供することができます。また、適法性の調査・アドバイスにとどまらず、新規事業が違法と判断されてしまうことのないよう、最適なビジネスプランを提案しており、このような提案法務に強いノウハウを有することがGVAの特徴です。

GVA法律事務所のスタートアップサービス

お問い合わせ

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

Copyright © Gvalaw.jp All rights reserved.

TOP