スタートアップ

会社設立(海外法人含む)

事業を開始するにあたり、会社の設立は節税効果、資金調達が容易に、法人として信用を獲得できるなど様々なメリットがあります。特に、会社法の改正以降、会社は資本金1円から設立できるようになり、設立の手続自体も簡便になっております。もっとも、会社の形態は、株式会社の他、合同会社(LLC)、合名会社、合資会社と様々な形態があるほか、有限責任事業組合(LLP)といった組合の形態を採用することも考えられます。役員構成、取締役会設置の有無など、会社の目的に応じた適確な会社設立を利用することが重要であり、当初から海外進出を視野に入れるのであれば、国外制度についても設立段階で精通しておく必要があります。

 

上記のとおり、会社設立にあたっては、役員構成、役員責任、税務効果など、多様な観点からの検討が必要ですが、会社法の専門家である弁護士の支援を受けることで選択を安心して行うことが可能になります。GVAでは、会社設立に精通した人員が所属していることに加え、提携先司法書士や公認会計士と連携し、適確かつ安価で会社設立を行うことができます。

 

また、GVAでは、アジアを中心とした海外の法律事務所との提携関係を構築しており、海外進出ノウハウも豊富に有しております。GVAでは、国内外問わず、起業される方のニーズや目的など、将来を見据えたベストな会社設立をサポートします。

GVA法律事務所のスタートアップサービス

お問い合わせ

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

Copyright © Gvalaw.jp All rights reserved.

TOP