上場企業

人事・労務関連

企業にとって、従業員は重要な財産ですが、事業規模の拡大と成長を目指すベンチャー企業にとって、労務管理は後回しになりがち場合も多いのが現実です。しかしながら、労働時間の管理を怠っていたために多額の未払残業代が発生し、企業の重大な経営リスクになる事例や、適切な手続を踏むことなく解雇をしたために、後に従業員との間で解雇の有効性を争点とした紛争に発展する事例が多く見られます。また、就業規則や労使協定の締結・届出など、法律で定められた手続の整備を怠った結果、労働基準監督署から是正勧告を受ける場合もあります。

 

このようなリスクは、企業規模が大きくなるにつれて受けるダメージも大きくなるため、企業のフェーズに応じて適切に整備していくことが重要となります。さらに、事業に則した賃金体系を整備することは、従業員の労働環境が整備されるだけでなく、無用な残業代等の発生を抑制し、労務コストの削減にもつながります。


そこで、GVAでは、クライアントの事業規模や事業の特性に応じた労務体制の構築をサポートし、数多くのノウハウを参考に、具体的なリスクを軽減していく提案をしていく体制が整っております。さらに、万が一従業員とトラブルになってしまった場合には、交渉から労働審判、訴訟と、解決に至るまでの全過程においてクライアントをサポートいたします。

GVA法律事務所の上場企業向けサービス

お問い合わせ

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

Copyright © Gvalaw.jp All rights reserved.

TOP