上場企業

MBO・EBO・スクイーズアウト対応

MBO(Management Buy-Out)とは、企業の経営者が企業買収することをいい、EBO(Employee Buy-Out)とは、企業の従業員が企業買収をすることをいいます。これらの経営者及び従業員による企業買収は、企業グループの内、子会社が企業グループから分離することになった場合や、上場企業が上場を廃止した上、株式に譲渡制限を付すことにより非公開会社化する場合(スクイーズ・アウト)に利用されることが多いです。特にスクイーズ・アウトのでは、株主からの被買収リスクを回避することで中長期的な観点から経営を行うことができ、積極的投資時期や情報開示を控えたい場合に利用される場合が多く、今後も積極的な利用が考えられます。

 

手法としては、企業買収に際して膨大な資金が必要になるため、金融機関やプライベート・エクイティ・ファンドなどからの融資を受けた上で、経営者又は従業員が企業の株式を買取り、企業価値を高めた上で株式公開や株式売却等により、資金を回収していく手法が一般的です。そのため、MBO・EBOでは、経営者又は従業員、対象企業、金融機関、ファンド又は投資家といった利害関係人が多く登場し、数多くの弁護士が関与する場合が多いです。GVAでは、契約書の作成及びレビュー、スキームの策定、他の当事者との交渉などの業務を提供しています。


また、スクイーズ・アウトでは少数株主を排除するため、公開買付を行った上、買付に応募しない株主を対象にした株式交換又は全部取得条項付種類株式を利用いたします。そのため、GVAでは、当該スキームの策定、契約書の作成及びレビューに加え、反対株主による株式買取請求への対応など幅広く業務を提供しております。

GVA法律事務所の上場企業向けサービス

お問い合わせ

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

Copyright © Gvalaw.jp All rights reserved.

TOP