上場企業

社外役員・独立委員・第三者委員の就任

日本の証券取引所における外国人投資家比率が増していることもあり、従来以上のコーポレートガバナンス体制の完備が必要になってきております。その一環で、近年の会社法改正における社外取締役の選任義務化の議論にありますように、企業経営の中に外部の有識者・専門家を設置することにより、企業の透明性及び公明性を向上させることにより、ガバナンス体制を完備し、結果として多角的かつ機動的な経営判断を行うことが可能にすることができます。


GVAでは、多くの顧問企業を担当している他、企業内弁護士の経験者、企業内への出向者及び社外監査役として経営への参与など豊富な実績があり、経営を機動的に推進していくため、経営者に適切なサポートを行い、事業を促進する役割を行うべく、社外取締役及び社外監査役として就任することを行っております。また、役員以外にも、自主規制団体や公益法人など各種団体の独立委員又は第三者委員として、公益性及び透明性を向上させるべく、積極的に人員配置を行っていきたいと考えております。

GVA法律事務所の上場企業向けサービス

お問い合わせ

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

Copyright © Gvalaw.jp All rights reserved.

TOP