M&A・IPO法務

IPOに向けての法務体制構築

未上場企業がより成長していくため、IPOは一つの重要な選択となります。しかし、ほとんどの未上場企業にとって、IPOは初めての経験です。そのため、主幹事証券会社等のIPO関係者からの指示を受けて初めて対策することになり、準備が後手にまわることで、本業である事業に悪影響を及ぼすことも多々見受けられます。

 

IPO審査では、取引に際して契約書が結ばれているか、反社会的勢力と取引をしていないか、著作権等の知的財産権を侵害していないか等々審査されることになります。IPO直前に、上記不備を指摘されると、その数によっては予定通りIPO出来ない可能性も十分にあります。そのため、事前に法務体制の構築をすることは重要となってきます。

 

GVAでは、企業内弁護士や、ベンチャー企業に出向した弁護士の経験に基づく実践的な法務体制の構築を行い、IPOに向けての法務体制構築をサポートします。

GVA法律事務所のIPOに向けての法務体制構築サービス

お問い合わせ

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

Copyright © Gvalaw.jp All rights reserved.

TOP