グローバル・海外法務

香港

香港は1997年の中国への返還後も、一国二制度のもと中国とは異なる法制度及び経済制度を維持し、アジア地域のハブとしての機能を高めており、金融センター、貿易の拠点として重要な役割を担っています。シンガポールとの比較でいえば、香港は中国へのゲートウェイとして機能が充実しており、シンガポールは東南アジア・西アジアへのゲートウェイとして機能が充実しているといえます。

 

香港は、制度として、レッセ・フェール(経済不干渉主義)という運営方針を明確にしており、完全自由市場、自己責任経済体制を敷いています。そのため、進出に対する規制は多くありませんが、多くの企業が進出しているからこそ、競争はシビアであり、多国籍企業がしのぎを削っています。また、シンガポールと並んでアジアの中でも随一に物価水準が高く、進出後のスピーディな人材確保及び迅速な事業展開が求められる国です。

 

GVAは、現地弁護士との密接な提携関係によって、企業の香港進出と現地での事業展開をサポートします。

GVA法律事務所の香港サービス

お問い合わせ

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

Copyright © Gvalaw.jp All rights reserved.

TOP