ファイナンス

株主間契約

ベンチャー企業は将来的にはIPOやバイアウト等のイグジットを目指していくことが多く、IPOやバイアウトが実現した際には株式保有者に創業者利益が発生します。その際に企業価値の増大に寄与しないメンバーが創業者利益を得ることは、会社のモチベーションを下げ、場合によっては今後の資金調達に悪影響を及ぼします。

 

これに備えるためには、創業メンバー間での株主間契約を取り交わすことが重要です。その際には、適切な内容の株主間契約を作成する必要があり、リバースベスティング、買取価額、買取りの発動条件等を詳細に検討する必要があります。

 

GVAは、創業時における株主間契約の作成及びエンジェル・ベンチャーキャピタルの株主間契約の作成、レビュー及び契約締結交渉のサポートを行います。

GVA法律事務所の株主間契約サービス

お問い合わせ

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

Copyright © Gvalaw.jp All rights reserved.

TOP