ベンチャーキャピタル

その他紛争を含む法務アドバイス

ベンチャーキャピタルが、ベンチャー企業に出資する際には一般的には投資契約を締結します。投資後も投資先であるベンチャー企業とは長期間の関係を築いていくことから、一定数の問題が発生する可能性が高いです。

日常的な投資先の情報の開示や投資先へのアドバイスに加えて、株主総会の際の権利行使の方法等も問題となるケースがあります。場合によっては取締役の違法行為を差し止める必要があります。また、ベンチャー企業が事業をピボットした際に投資契約にベンチャーキャピタルの同意が必要とされている場合に路線が変わってしまうと大きな問題となるケースがあります。

また、一般的なIPOやバイアウトについては投資契約の内容がきちんと作り込まれていれば、それほど問題になることは少ないですが、ファンドの期間満了前にイグジットしなかった場合は大きな問題となります。その際はファンド保有の株式を買い取ることもあります。

さらに、投資契約には通常は表明保証違反を発動要件として株式買取請求権を効果として盛り込みます。現実に紛争になるのは表明保証違反の該当性と買取価額となります。

GVAは、ベンチャーキャピタルの運営に際して発生する問題への法務アドバイスに加えて、紛争に発展した場合の交渉及び非訟・訴訟のサポートを行います。

GVA法律事務所のベンチャーキャピタル向けサービス

お問い合わせ

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

Copyright © Gvalaw.jp All rights reserved.

TOP