ベンチャーキャピタル

投資先のデューデリジェンス

ベンチャーキャピタルが、投資をする際には投資先のベンチャー企業について、ビジネス、財務、税務、人事、法務面について精査すべきです。ベンチャーキャピタル側からすると投資先のベンチャー企業にはIPOやバイアウト等のイグジットを目指してもらわなければなりません。しかし、後戻りができないレベルの法務面の問題(特に資本関係、ビジネスモデル、知的財産権等)が原因でイグジットすることができない可能性があります。また、法務面の問題が治癒できるレベルのものだったとしても治癒の方法等を検討したり、投資契約の内容に盛り込んだりと一定の対処をしなければなりません。ベンチャー企業が法務面の整備ができていないのはある意味では仕方ない点もあるため今後の課題として整備すべき法的課題を発見できるのも法務デュ―デリジェンスの利点です。

 

GVAは、上記の問題点を発見するためにベンチャーキャピタルに代わって投資先に対して法務デューデリジェンスを行います。

GVA法律事務所のベンチャーキャピタル向けサービス

お問い合わせ

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

Copyright © Gvalaw.jp All rights reserved.

TOP