開催済み

IoT・AI関連ビジネスを法務・知財の観点から推し進めるアライアンス戦略

開催日:2018年03月27日 14:00~17:00

主催:一般社団法人企業研究会

開催場所:企業研究会セミナールーム(住所:東京都千代田区麹町5丁目7番2号 麹町M-SQUARE 2F)

参加費:会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

登壇者: 恩田 俊明小名木 俊太郎

開催概要:

IoTサービスにおけるデータの利用権限を巡る取り決めや、AIサービスを通じて生まれた成果物の取扱といった個別の論点からベンチャー企業との合弁契約に対する考え方にいたるまで、本セミナーではIoT・AI関連ビジネスにおけるアライアンス法務の望ましい姿を提示するとともに、契約書の条項記載例も織り交ぜつつ、具体的な事例に即して解説します。

 

1 IoT・AIビジネスの特徴
(1)IoT・AIビジネスの構造的特徴
(2)IoT・AIビジネスで注意すべき観点
(3)IoT・AIビジネスにおける知財戦略の要諦

 

2 IoT・AIビジネスとアライアンス法務~その1 共同研究開発契約~
(1)共同研究開発とは
(2)共同研究開発のメリット・デメリット
(3)共同研究開発の前提となる秘密保持契約書の重要性
(4)共同研究開発において注意すべき法的課題
(5)共同研究開発契約の逐条解説

 

3 IoT・AIビジネスとアライアンス法務~その2 合弁契約~
(1)IoT・AIビジネスにおける合弁契約の位置付け
(2)合弁契約において注意すべき法的問題
(3)契約交渉のポイント
(4)合弁契約の逐条解説

 

4 IoT・AIビジネスとアライアンス法務~その3 IoTサービス利用規約~
(1)IoT・AIビジネスにおける利用規約の位置付け
(2)利用規約に関する諸問題
(3)IoT利用規約の逐条解説
(4)プライバシーポリシーのポイント

 

5 AIビジネスの特徴
(1)AIビジネスの構造的特徴
(2)データの取扱をめぐる考え方~生データ提供者からの視点~
(3)データの取扱をめぐる考え方~データ利用者からの視点~
(4)AIビジネスにおける知財戦略の要諦
(5)IoT・AIビジネスのアライアンス法務~その4 データ分析委託契約~
(6)IoT・AIビジネスのアライアンス法務~その5 データ利用契約~

(イベント・セミナーサイトより引用)

 

外部リンク:IoT・AI関連ビジネスを法務・知財の観点から推し進めるアライアンス戦略(一般社団法人企業研究会)

お問い合わせ

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

メールマガジン会員募集中

会員限定で法務ニュース等の情報をいち早くお届けします。
原則週1回配信しております。(無料)

Copyright © Gvalaw.jp All rights reserved.

TOP