開催済み

IoT・AI関連ビジネスを取り入れる際に生じる法務課題・知財課題とその対応策

開催日:2017年07月25日 14:00~17:00

主催:一般社団法人企業研究会

開催場所:企業研究会セミナールーム(住所:東京都千代田区麹町5丁目7番2号 麹町M-SQUARE 2F)

参加費:会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

登壇者: 恩田 俊明小名木 俊太郎

開催概要:

本セミナーでは、IoTやAIを用いてビジネスを展開する上でどのようなルールがあるのか、そして契約等を通じてどのようなルールづくりをしていけばよいのかについて、事例を踏まえながら解説をしていきます。

1.IoT・AIビジネスの概要
(1)IoTの構造
(2)IoTが抱える法的課題
(3)IoTにおけるAIの重要性

 

2.ユーザーとの契約関係
(1)IoTの利用規約
(2)プライバシーポリシー
(3)IoTデバイスの保証書

 

3.他社とのアライアンスを巡る法律関係
(1)共同開発契約
(2)業務提携契約
(3)ライセンス契約

 

4.IoTに占めるAIの重要性
(1)AIの仕組み
(2)フェーズごとの権利処理の特徴
(3)AIによる創作物の取扱い
(4)AIビジネスのリスクと対応
(5)AIビジネスの具体例

 

5.IoT・AI関連ビジネスの知財戦略
(1)IoT・AIビジネスに含まれる知財シーズ
(2)効果的な知財化・権利行使・防御の仕方
(3)先行プレイヤーの知財事例の紹介
(4)知財を巡る制度改定の動向

(イベント・セミナーサイトより引用)

 

外部リンク:IoT・AI関連ビジネスを取り入れる際に生じる法務課題・知財課題とその対応策(一般社団法人企業研究会)

お問い合わせ

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

Copyright © Gvalaw.jp All rights reserved.

TOP