就業環境

エントランス

木目調で構成され落ち着いた雰囲気のエントランスです。壁面に掲げたGVAのロゴは、間接照明で照らさられることで、シックにかつ存在感をもってお客様をお出迎えします。またエントランス正面には床に人工芝を敷いたオリジナリティのある部屋を設け、多くのお客様の目に留まるようになっています。新規ビジネスのご相談など、この部屋はクリエイティブな打ち合わせを行う際に人気の部屋となっています。

 

応接室

お客様との打ち合わせは、大小5つの応接室で行います。弁護士自ら企画・内装施工を行った応接室もあるなどそれぞれにコンセプトがあり、人気のある応接室は弁護士間でも取り合いになることもしばしば。恵比寿駅に面した最も大きな応接室には10名以上が着座できる大きなラウンドテーブルがあり、開放感を感じるなかで大人数での活発な議論が行われます。いっぽう最も小さな応接室は室外と接しておらず窓がありませんが、世界各地の風景を楽しむことができるデジタル機器を備え付けることで、毎回違った気持ちで相談に臨むことができるようになっています。

 

執務室風景

仕事場であるGVAの執務室の特徴は、代表弁護士を含む全所員との間に一切の仕切り(パーテーション)がないことです。全員が見渡せるオープンなスペースの中で、徹底的に議論をしながら、弁護士、事務局問わず、集中して執務に取り組んでいます。日々変化するクライアントのニーズに応えるため、時には深夜に及ぶ執務になることもありますが、この場所で所員全員がより良いリーガルサービスを目指しています。

 

ランチ風景

GVAでは、弁護士同士のみならず、弁護士、事務スタッフ、パラリーガルを交えて、頻繁にランチに出かけています。それぞれの状況を把握し、コミュニケーションを密にとることは、組織を機能させる上で最も重要なことのひとつです。ランチをしながら、たわいもない話で盛り上がり、リフレッシュして、また午後からの仕事に集中して取り組みます。また、月に一度は事務所にデリバリーランチを頼み、所員全員で一緒に食事する行事もあります。

 

ミーティング風景

具体的な事案についての情報共有、事務所内部の方針決定に関する打合せ、先輩・後輩間の指導教育など、GVAでは、実に様々なミーティングが実施されています。ミーティングは定期的に開催されるものもあれば、業務の中で柔軟に実施されるものもあり、その実施方法に特別な制約はなありませんし、その多くは所員の自発的な意思によって行われています。

 

Copyright © Gvalaw.jp All rights reserved.

TOP