クライアントの声

Client

株式会社エニドア 代表取締役 山田 尚貴 様

ビジネスモデルを素早く理解し、様々な観点からアドバイスをくれる参謀のような存在です。

株式会社エニドア 代表取締役 山田 尚貴 様

Q. 自己紹介をお願いします。

株式会社エニドア代表取締役の山田です。

 

当社は、国際化が進む社会の中での翻訳ニーズに応えるべく、翻訳のクラウドソーシングプラットフォーム運営を主な事業として運営しており、日系企業の海外進出や、海外企業のインバウンドビジネスの支援なども手がけております。

https://conyac.cc/ja

 

Q. GVAを利用したきっかけはなんでしょうか?

当社の顧問会計士さんからの紹介でGVAを知りました。ITやビジネスに詳しいとのことでの紹介でしたので、迷わずにお会いすることにしました。

 

Q. GVAを選んだ(選び続ける)理由は?

さまざまなベンチャー企業、IT企業のクライアントを抱えているだけあって、ITやビジネスへの理解が深いところがポイントでした。例えば、当社は翻訳のクラウドソーシングプラットフォームを運営しているのですが、「クラウドソーシング」のビジネスモデルについても元々深く理解されているので、すぐに本質的な相談内容に入ることができ、安心することができました。

 

また、当社の創設期からお付き合いのあるトークノートの小池さんが「フットワークがとても軽い」ことを挙げて推薦されているというのも理由のひとつです。実際に、夜遅い時間に送ったFacebookメッセージへの返信の早さに驚いたことがあります。

 

Q.その後の対応はどうでしたか?

対応はとても丁寧で、当社のビジネスモデルの適法性リサーチをお願いしたときにも、「こんなに深く調べてもらって申し訳ない」と思うほどの成果物を頂きまして、とても満足したのが印象的です。

 

また、顧問契約を締結してもずっと一人の弁護士が担当することになる事務所もあるかと聞いていますが、GVAであれば、複数の弁護士が打ち合わせに対応してくれるので、様々な角度からの意見を聞くことができてとても助かります。さらに、IT業界にも詳しいので、業界の相場や他の事例などを交えながら説明してもらえるので、大変助かっています。

 

Q.今後GVAに期待することは?

引き続き、いままでどおりのサービスを提供していただければと考えています。
また、当社は現在、アジア圏への海外展開を計画しておりますので、海外進出サポートに強みを持つGVAには、その点について相談させていただき、サポートしてもらいたいと考えています。また、余談になりますが、実は「2050年・200カ国展開」というGVAのヴィジョンにも共感しておりますので、その志を忘れずに今後も拡大を続けてほしいと願っております。

 

Q.顧問弁護士をつける方へのアドバイスをお願いします。

スタートアップ企業は、やはりリーガルな部分には疎いところが多いのが正直な印象です。利用規約とかもコピペで作っている危なっかしい企業も少なくありません。しかし、やはり企業を成長させたいのであれば、長期的な目線で考え、法的なリスクは最初からヘッジしておくべきではないかと考えています。

 

また、経営者としては、その限りある労力をプロダクトに注ぐべきであって、法律という分野には弁護士というプロフェッショナルがいるのですから、そこは経営判断として任せるべきです。その際には、ビジネスモデルがよく理解してくれる弁護士を選ぶのがポイントです。伝統的な大企業のクライアントが多い法律事務所・弁護士ですと、大企業の考え方をそのままベンチャー企業にも持ち込んでしまいがちなのですが、それではビジネスが進まないので注意が必要だと思います。

お問い合わせ

お気軽にご連絡ください。当事務所はベンチャー企業を支援しております。
初回法律相談(30分)は無料です。

Copyright © Gvalaw.jp All rights reserved.

TOP