法律顧問契約

スタートアップ顧問契約

創業前及び創業直後のスタートアップはプロダクトの開発や売上を上げることの優先順位が高く満足な法務体制を構築できていないことが多いです。確かにスタートアップの段階から最大限の法務体制を構築するよりは事業を前に進める優先順位の方が高いと言えます。しかし、スタートアップの段階では何も法務体制を構築しなくても良いと考えるのは間違いです。

 

会社が大きくなるにつれて当初の法務体制の不備がより大きな問題に発展するケースが多々あります。特に、「資本関係」「ビジネスモデルの適法性」「知的財産権」については後戻りができないためスタートアップの段階から土台としての法務体制を築いていく必要があります。また、契約書関連の書類についても全くゼロというのは会社にとってベストな選択とは言えないでしょう。100点満点の会社の実態にカスタマイズされたものでなくても雛形を活用して一定の水準を超えた法務体制を土台として整備しておくことが非常に重要です。

 

GVAでは、スタートアップに合わせたコスト感覚で最低限の土台となるような法務体制を構築する「スタートアップ顧問契約」を提供しております。

料金及びサービス内容

応相談

主なサービス

  • 会社設立(海外法人含む)
  • ビジネスモデルの適法性
  • 特許・商標・著作権
  • 株主間契約
  • ベンチャーファイナンス
  • 契約書・利用規約

Copyright © Gvalaw.jp All rights reserved.

TOP