法律顧問契約

ベンチャーキャピタル顧問契約

ベンチャーキャピタルは、ファンド組成をする段階からファンドを運営・管理するにあたって投資事業有限責任組合法、金融商品取引法等の複雑な各種法規制に対応していかなければなりません。また、ベンチャーキャピタルが有望な企業に投資をする際には、対象企業を綿密に精査した上で、各企業のフェーズに適した投資スキームを採用しなければなりません。具体的には、対象企業に対しての法務デューデリジェンス、種類株式・新株予約権付社債その他スキーム採用の有無、投資契約の内容及び量のバランス、対象企業との交渉等があげられます。さらにバイアウトやIPO等のイグジットにおいてはベンチャーキャピタルの収益化の最終局面であることからスキームや保有株式の種類、投資契約の内容に応じて慎重に対応していかなければなりません。

 

ベンチャーキャピタルは投資先企業を支援する際に法務のアドバイスを求められることがあります。しかし、ベンチャーキャピタルは法律の専門家ではないため適切なアドバイスをタイムリーにするのが難しい状況にあります。

 

GVAは、ベンチャーキャピタルに対する法的支援に加えて、投資先企業の法的な課題を解決する「ベンチャーキャピタル向け顧問契約」を提供しております。

料金及びサービス内容

応相談

主なサービス

  • ファンドの組成及び運営
  • 投資契約・株主間契約
  • 種類株式及びその他ベンチャーファイナンス
  • 投資先のデューデリジェンス
  • 海外投資対応
  • その他紛争を含む法務アドバイス

Copyright © Gvalaw.jp All rights reserved.

TOP